リンクとコンテンツに関する5つの間違い

おはようございます、
ジー・アウトフィッターメルマガ事業部です。

秋休み終了、お休み中に色々考えて、ここの所
吉川がしきりに勧めているメルマガ塾に
私も参加する事にしました。

→ http://g-outfitter.com/a/7th-club
アフィリエイトじゃないですが、
「稼ぐ社長のインターネット集客実践会」
こういう無料案件も面白いですね。

→ http://g-outfitter.com/a/ceomarketing
勉強の秋です。


├■ リンクとコンテンツに関する5つの間違い(レイラ)

└■ 編集後記(吉川ごう)

————————————————–
リンクとコンテンツに関する5つの間違い
————————————————–

こんばんわ、レイラです。

今日はリンクとコンテンツに関する、
よくある間違い5つをご紹介します。
皆さんのお役に立てば幸いです。


◆間違い1:ホームページに全てのリンクを貼る

サイト全てにリンクを貼りたい誘惑に駆られるものだ。
それは通常、見込み客を絞り込みたいから、ではないだろうか?

しかしこれは単なる間違いではなく、悪い戦略だ!

ほとんどのサイトはホームページのリンクを貼り過ぎる。


ほかのサイトがそうしていても、あなたはすべきではない。


(もしこうしていて)10ページ目にあなたのサイトがあれば
それはラッキーといえるだろう。

良い戦略とはサイト深くにまでリンクを貼り、
時間をかけて作った内部ページを活用することだ。


◆間違い2:1ページ目に載った後、リンク構築をやめる

率直に言おう。SEOに費やした努力は永遠には続かないものだ。
あなたは数週間後、何かを変える必要性に迫られるだろう。


これが何故キャンペーン(働きかけ)が完了しない訳でもある。

SEOはコンスタントに変わっているため、
絶えずその流れについていくことが必要だ。


もちろん1ページ目にサイトがヒットすれば「やったね!」
とビールを手にしたり同僚とハイタッチしたり、
スクリーンショットを撮ってお祝いしたっていい。


しかし、一度お祝いした後は1ページ目に留まる戦略を実行していこう。

Googleの視点から考えてみよう。あなたのサイトは何もしてこなかった。
突然脚光を浴びて検索上位に来た。そして再び、何もしない。


こうした場合、リンク構築や人を集めるブログ記事で
ほんのいっとき順位が上がっただけなので、
すぐに順位は落とされてしまう。

リンクは構築し続けよう。Googleの目から見て、常にホットで
動きのあるサイトであるように。そうしないと、
あっという間にクライアントやアクセスを逃してしまうだろう。


◆間違い3:戦略としての記事入れをしない

それほど前でない時、フォーチューン500入りしている会社の
マーケティングディレクターと話した事がある。


その際彼女は、トラフィックを上げるようなブログ記事シリーズを
私に書いて欲しいと依頼してきた。

「どれくらいの期間、記事を書いて欲しい?」と尋ねると、
「それは特に問題じゃないわ。誰かが本当に読んだり
するようなものじゃないから。」との回答が返ってきた。

これこそオールドスクールやビジネススクール出身者が
記事入れについて分かっていない点だ。記事入れの価値は
低いと見なしていて、SEO専門業者もこの見方に影響されている。

実際、記事入れは使いうるもっとも価値の高い戦略のうちのひとつだ。

どれくらいの頻度でサイトの記事は更新されているか?


それほどでもないだろう。なぜなら「私について」のページや
サービスページは(性質上)年に数回も、本当の意味で
更新できるものではないからだ。

こうした状態は実際に活動休止しているようなもので、
Googleは動きのないサイトは好まない。

しかし、ブログがあれば最低月に1度はサイトに
他のページを付け足せる。もし週1や1日ごとの更新でないにしても。

更新はGoogleにこう言っているようなものだ。
「ね、見てよ!一生懸命仕事したから来て見てよ。」
インデックスが増えれば、検索順位が上がって
トラフィックを増やすことができる。

例えばハブスポットの例を挙げてみよう。アクセスの70%が
古いブログ記事から来ている。当月のコンテンツからではない。
数カ月前の記事からアクセスを拾っているのだ。

※ハブスポット(Hubspot):
顧客を永久顧客にするためのインバウンドマーケティングを行う
アメリカの会社、またはそのための総合プラットフォーム。

毎月コンテンツのインデックスを増やせば、
その70%のアクセスは増えていく。

なぜなら新規顧客をサイトに呼び込み、優れたコンテンツで
コンバージョンを上げるからだ。

ハブスポットほど大きなサイトのようにブログに
フォーカスする必要はなくても、何もしないよりは
月に2回記事を更新したほうが、SEO的には良いに決まっている。

しかし、更新するなら次に挙げるように
「関連した」記事であることが大切なキーポイントだ。


◆間違い4:記事の関連性を無視する

オンラインマーケティング業界には
2つの大きな見誤りがあるように思われる。


1:マーケッターは、人をバカだと考える。

2:マーケッターは、検索エンジンがバカだと考える。


広告の伝説的存在、ジョージ・ロイスはかつてこう言った
「人を愚かと思えば、一生愚かな仕事をする羽目になるだろう」

彼は、正しい。

人々は愚かではなく、賢く素晴らしい。
彼らはクリエイティブなやり方で売り物や商品を見つける。

しかし、ほとんどの人は信頼できる物事を求めていて、
お金を払うに値する、価値あるものを知りたがっている。
だからもし、サイトに関連性のない記事を書けば信頼を失うだろう。

サイトのクオリティを上げる記事でないならば、
それは関連した内容の記事とはいえない。


◆間違い5:ブランドアンカーテキストを使わない

アンカーテキストは来たる数年の間はSEO対策の一部として
残るだろう。アンカーテキスト自身は問題ではないが、
問題となるのは要はあなたの使い方だ。

例えば、Googleから見て様々なアンカーテキストを使うほど良い、
というのはもはや秘密でも何でもない話。

しかし、SEO業者が見過ごしがちなある種のアンカーテキストがある。
ブランド名・あなたの名前・URL。

例えばアップルのホームページにApple Inc.というリンクをつければ
ブランドアンカーテキストを作ったことになる。

こう言うと、こう考えるかもしれない。

ホームページにリンクを貼るなと言ったばかりじゃないかと。
ここがポイントで、関連性の低いページなら、
サイトにリンクすべきではないということだ。

あまりによく見られることだが、SEO業者はゲストポスト
(ブログ所有者以外の人が書く投稿)やコンテンツを書いた後に
ブランドネームをリンクしない。

これは罪とさえ言ってもいい。なぜなら、この場合のリンクは
検索順位を上げるのに一番いい方策だからだ。

もちろん、他の人がどんなアンカーテキストを使ってあなたに
バックリンクをよこすかはコントロール出来ない。
この場合の話は、ここではしない。私がここで話すのは、
自分でコントロールできる範疇のことだ。
あなたの名前やブランドネーム、URLがコンテンツにあれば
リンクされる機会が増える。

それでペナルティを受けることはないだろうし、
検索順位を上げることにさえつながるだろう。


◆心配せずに、アクセスを集めよう

正直になってみて欲しい。
あなたはどれくらい間違いを犯していただろうか?

1つ、2つ、いや全部だったとしても問題ない。今後あなたが
どんなアクションを起こすかが大切だと言う事だ。

————————————————–
編集後期(吉川ごう)
————————————————–

今回の記事って、言われてみると当たり前の内容で、
ワザワザこうして書かれると、そう言えばって感じで
割りと自分のサイトにすぐに反映出来る事多いですね。

是非試して見てください。

意味が判らない??

まーそう言わずに試して見てください。判らない事は
質問どうぞ。

ジー・アウトフィッターのメルマガ

メールアドレスと名前をご登録ください【無料】

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

ジー・アウトフィッター代表 吉川ごうが
アフィリエイト・ネットビジネスの最新情報をお届けします!

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Yahoo、Gmail、Hotmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

この記事をSNSでシェアする

このサイトのSNSをフォローする